18777

一月も終わりになります。

優しい風がそろそろ吹き渡るでしょう。

追い風になって、私の背中をとんと押して新しい場所に連れて行ってくれる。

ゆっくりと、確実に、ひとつの道を歩き始めた1月。