読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州芸文館へにいったよ。

少し前にノリで九州芸文館へ行きました。

九州芸文館とは。

筑後広域公園芸術文化交流施設(愛称:九州芸文館)』(以下九州芸文館)は、全国初の「公園の中の駅」である九州新幹線筑後船小屋駅前に整備した施設です。
九州芸文館は、芸術文化関連団体やまちづくり団体等と連携を図りながら、芸術文化・体験・交流などさまざまな事業を展開し、公園や地域の魅力を発信することで、筑後地域の振興や発展に寄与・活用される事を目的として整備しました

だそうです。
たまたま彼とお出かけしていて、行ってみようか〜あはは〜ってな具合で。
4月29日の出来事です。芸文館が開館したのが27日だったので、行った日はオープニングイベントがあっていました。

芸文館は、本館とアネックスと呼ばれる別館のようなもの2つ、計3つで構成されています。
ちなみに、かの有名な隈さん建築です。うん。面白かったよ。

前日にアルティアムにいって、サインについて学んだせいか、ここのサイン可愛かった〜

美術館という名前ではないだけあって、教室がたくさんあります。
ここでワークショップが行われるそう。地域の人がアートに触れる身近な場所として機能しそうで面白そうです。
こういう施設って、例えば美術館がワークショップをやる、ということと違って
そのためだけの施設っていうのはなかなか聞かないのではないかな〜と思います。
お客さんも、おばあちゃんとか多くて、既に近隣の人には興味深い場所になってるんじゃないかな。


今後もいろいろありそうなので、動向をチェック!