読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

河井寛次郎記念館に行ってきました。

旅行

京都国立博物館のあと、インターネットで知った河井寛次郎記念館に行ってきました。たくさんの美術品をみてお腹がいっぱいだったので、行くか迷ったのですが、行って正解。とても、いい場所だった。京都を訪れた際はぜひ行ってほしい場所の一つとなりました。

国立博物館からは、徒歩で10分くらいです。

看板から一歩はいるとこんな趣のある道に出ます。

河井寛次郎は、京都でいちばん有名な陶芸家、だそうです。わたしも詳しくは知らず、民藝なんかが好きで、そういう場所を求めていて、ここにたどりつきました。

もともとお家だったそうで、河井寛次郎さんが設計したとのこと。

河井寬次郎記念館 公式ホームページ

後から知ったのですが、ちょうど今年は没後50年だったようですね。

とにかく室礼が素晴らしく、とても静かで、訪れた人もみな、ぼーっとここで思い思いの時間を過ごしているのが印象的でした。

入ってすぐ居間。

この椅子は臼を使ってつくったものだそう。コロコロがついていたので、動く。この記念館にある椅子すべて座り心地がよかった。

中庭。雨がふっていたので、緑が美しかったです。

離れの廊下、かな?右には愛用品などが展示されていました。

窓の作りがステキだ。

いちばんきにいった茶室。これくらい暗くてちょうどよい。

椅子が全部可愛いよ〜〜。

あまりにステキだったので、たくさん撮ってしまった。床がぴかぴかしていた。わたしのほかお客さんは外国の方が多かったです。

いい場所だよね、また来よう。

そのあと、ここからすぐ近くの市川屋珈琲店でフルーツサンドを。

生クリームが軽くてぺろり食べてしまった。このお店もとても雰囲気が良かったです。

 

午前中盛りだくさん!!このあとは、帰る時刻まで器屋巡りをしてきたよ〜