読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハナウタ唄いながら生きていく。

冗談まじりに「いまが、いちばん若くてかわいいから、いま!いまのうちにちゃんと撮っておいてね」っていったら

「大丈夫だいじょうぶ、おばあちゃんになっても撮るけんね」

だって。おばあちゃんの私はどうなってるだろうね〜

わたしもあなたがおじいちゃんになっても撮るよ、撮り続けるよ

f:id:tsugumigumi:20170426234013j:plain

六本松を散歩した。

 

 

amimi.hateblo.jp

 このあと、六本松まで車でいこっかーってぴゅーっと遊びに行った。久しぶりに六本松に行ったら、再開発で大分変わっていた。あと、一本路地に入ると面白いお店がたくさんあるんですね。

小さくて雰囲気のいい店がたくさん。

81というなの雑貨屋さんがお目当ての場所。セレクトされたものがすべてよかった。ぼーっと窓から外を見ていたら、ずーーーーっと行きたかった「楠田商店」。

雰囲気いいなあ。ビビって中まで入ることができず。

マツパン。こんなとこにあったんですね。

蕎麦屋さん「かんべえ」。ここも気になっている。

あんまり時間なくてささーっと歩き回ったけれど、また行きたいなー。

働きながら考えていること。

新人気分から脱出する。

入社してはや6年。気づけば中堅とまではいかないまでも、もう新人ではないなあという年になっていました。この年まで新入社員が入ってくることもなく、いちばん部署内で若いこともあり、ずーっと新人の気分でいたのですが、この春、とうとう所属する部署に新入社員が入ってきました。そう、それはつまり、わたしの新人気分生活に終止符をうつときが来てしまったということ。

何が不安なのか。
少しだけびくびくしています。遅かれ早かれこんな時がくるとは考えていたけれど、いざきて
みれば不安なのです。その不安は今までふわふわして許されていたことが、これからはダメなんだろうというクズ思考によるものと、うまく新入社員とやっていけるのか、という2点。
なんだかよく分かりませんが、わたしは基本的に許されることが非常に多く、のらりくらりとやってきたところがあります。これからはより磨きをかけて、ちゃんとしなくてはなりません。

教える側になることで見えてくるものもある。
幸いなことに教育係ではないけれど、それでもいちばん年が近く、同性ということで、教えることがたくさんあるかもしれません。うまく、彼女のことを裏からサポートして、相談にはのってあげたいなと思っています。常々思っていることだけど、指導する側、教えるほうにまわることで、物事の理解はより深まるのではないかと考えています。10年以上習っている茶道も、教えてもらうだけの受け身ではなく、教える側になることでいろいろな発見があり、自分に足りないものを見つけることができます。後輩が入ることで、きっと何か発見があって、より良い仕事ができるようになればいいな。というようなことを、最近考えていました。さて、わたしが仕事をするにあたり、とーーっても参考にしている記事がkindleになったそうです!後輩にもすすめたい!

hase0831.hatenablog.jp

 

 

福岡・平尾 薬院デート。

あったかくなってきましたね。気づけば4月。うれしいなあ。やっと、きらきら定時退社できる日々が戻ってまいりまして(3ヶ月ぶりくらい)、本読んだり家事したりお菓子つくったりして毎日を過ごしています。外で散歩できるのもうれしい。冬の冷たい空気の中を、歩くのも好きだけれど、やっぱり!お天気が良い日に、ふたりで散歩するってのはいいもんです。

先週は平尾の「ぐぐカレー」に行った。肝心なカレーの写真は「ナイ」。

撮ってなかった!と思って、撮った。まったくみえない。食べたのは「チキンカレー」です。

カレーより食べたかったプリン。こうみえて、なめらか系でした。小ぶりでかわいい。おいしかったー。

そのあと薬院まで散歩。この辺面白いお店増えてるから楽しいよ。

ハイタイドの前を通って、

 

amimi.hateblo.jp

 近くの「桃川洋菓子店」。すっごい小さいお店。ケーキめちゃくちゃ美味しい。

ちょっと歩いて「COFFEE COUNTY」

サンセルコ前まで歩く。電気ビルの前のしだれ桜綺麗。

 

楽しい散歩コース。明日は夜桜見物に行くぞー。雨よ止んでくれーーー

コニカ big miniで撮ったよ

最近肩にデジカメ、ポケットにフィルムカメラを入れて過ごしています。id:tsubasa96kナチュラのフィルムをプレゼントしてもらったので、big miniに入れてとりまくってるよ。big miniは恋人から与えてもらいました。

cafe.toylab.jp

このカメラとってもよいです。フィルム楽しいね。デジカメも楽しいんだけど、やっぱり現像するまでのワクワク感がね。楽しい。

 

はあ、たのし。

さくら

恋人と初めての旅行、行き先は京都だった。桜を見に京都へ行こう、という旅。2009年の春のことだ。付き合って、まだ4ヶ月とかそのくらい。

九州から夜行バスに乗って、京都に行った。私は中学の修学旅行以来だった。桜がきれいなところをいくつかピックアップして回った。醍醐寺の桜がとてもきれいで、今でもよく思い出せる。初めてふたりで旅行したから、道中はいろいろあって、それはそれで面白かったな。2泊3日とかだったと思う。初めての旅行を終えて、お家に帰ると、玄関に五部咲きの桜が飾ってあった。何事かと思ったら、恋人が、家に帰っても桜を楽しめるように、と旅行前に送ってくれていたものだった。いま考えると、とても粋なことをしてくれたなあと思う。当時は、驚きの方が大きくて、よく分かっていなかったけれど。笑

それ以来、毎年いっしょに桜を見ることをとても大切にしていて、ちょっとでもいいから時間をつくるようにしている。仕事をし始めてからは、ちょうど桜の時期にいろんな予定が入ってしまうようになったので、金曜の夜だけ桜を見るために一緒に過ごして、土曜の朝にとんぼ返りするとか普通になった。(ココ数年恒例行事です)

 

あと60回しかいっしょに見られないと思うと、何が何でもこの時期は大切にしたくなる。少しだけ肌寒くて、なまぬるいような気候の中で、缶チューハイ左手に、右手は恋人の手をつないでお堀の周りを歩くのだ。今年もいっしょにみられるかな。春が楽しみだ。

お題「桜」

 

 

amimi.hateblo.jp

amimi.hateblo.jp

amimi.hateblo.jp

amimi.hateblo.jp

 

池田学展と吉田博展をはしご。

先週末、行きたかった展示をはしごしてきました。まずは佐賀県立美術館で開催されている「池田学展」。

佐賀県立美術館「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」 展覧会公式サイト - 佐賀新聞

 

ペンで描かれた緻密な絵からは、描いているときの熱気がむんむんと伝わってくるようだった。虫眼鏡が必要って聞いてたけれど、ほんとにそう。線の一本一本がすごい。一日に書けるのは、こぶし大くらいだそうです。それで、とても大きい絵を描くのだからすごいなあ。

近くで見るとよりスゴかったです。これは生で見るべき絵。今後、東京、金沢と巡回するそうなので、お近くの人は是非。

 

そのあと久留米に移動して、こちら。

全く知らなかったんだけど、この展覧会、今年見たもののなかでベスト1です。もしかすると、2017年いちばん良い展示だったかも。あまりの美しさとセンスに脱帽。版画が有名だそうですが、水彩画もすんばらしく美しかった。いつも、ひとつだけもらえるのならばどれがいいかな、ってことを考えながら見るんだけど、これは選べなかった。ぜんぶ欲しかった。

生誕140年 吉田博展 | 展覧会 | 久留米市美術館 | 石橋文化センター

 

どちらも20日まで!!お近くの人はぜひ。